スポンサードリンク

着物の買取りで失敗しないで高く売る方法

 

しまってある着物。どうしますか?

着なくなった着物はありませんか?着物は、シミやカビ、虫食いなど保管に気を使いますよね。タンス内の場所もとりますしそんな着物をどうしたらいいのでしょう?

 

結論から言うと、着物買取専門店で査定してもらうのが1番お金になります。宝石や古銭などもそうですが価値が分かる人にみてもらわないと、タダ同然で買い取られてしまいます。

 

こちらでは「着物の買取りで失敗しないで高く売る方法」についてまとめました。着物を高く買い取ってもらいたい方は参考にしてください。

 

 

 

後悔しないで納得できる着物の売り方

着物買取り専門店を選ぶ

着物買取りは専門店のプロがおすすめ

着物を売る場合は着物の買取専門店にしましょう。理由はリサイクルショプやネットオークション、フリマアプリでは着物の価値を判断できる人が少なく、相場より安く買われてしまう可能性が高いからです。専門店の場合は明確な査定基準が定まっていることから、適正価格で買い取ってくれます。

 

無名の着物は多くの買取店で査定額が渋くなりますが、大きな販路(商品を売りさばくはけ口)を持っている専門店だと高い査定がつきやすくなります。国内外に大きな販路を持っているお店を選ぶのも高く売るポイントです。

 

一部には着物は二束三文で買取り、貴金属や宝石などの高価な品を狙う業者もいます。着物買取り専門店は自社ブランドやイメージがあるのに加え、高いプロ意識の査定員が揃っているのでそういった心配がありません。

 

複数のお店に査定してもらう

着物買取りは複数見積を出してもらうのが確実

面倒でも相見積もりがおすすめ

着物買取りの専門店は複数社あります。お店によっては多少なりとも査定に差が出ます。着物をより高く売りたいとお考えなら、最低でも2社以上に査定してもらいましょう。

 

着物買取業者の多くは、どれくらいで着物を買い取ったかというような情報をほとんど公表していません。買取金額を公表している会社にしても、結局業者が出している情報のため、実際の相場よりも安めに公開している可能性もあるんですね。

 

ですので、損をしないためにも見積もりは最低でも2社からはとってもらいましょう。正確な買取相場を知ることで買取を有利に進めることができます。

 

申込み自体は簡単ですので、それぞれのお店で査定額を出してもらい、高い査定額のお店に買い取ってもらいます。業者の対応に疲れるかもしれませんが、その分納得して売ることができます。もちろん1社目の査定で満足できる額でしたらそこに売っても問題ありません。

着物買取りの方法は3つあります

出張買取

家まで出張査定に来てくれます。基本的に出張費用や査定費用など無料ですが、一部有料となる会社もあります。査定金額に納得できればその場で即現金買取してもらえます。

 

自宅を離れられなかったり、着物の量が多かったり、都市部から離れている人や、極力手間をかけたくない人に適しているサービスです。

 

メリット
  • 手っ取り早く、手間がない
  • 着物の量が多くても問題ない
  • その場で即現金買取
デメリット
  • 査定金額に不服でも断りにくい
  • 貴金属等の買取営業がある場合も

 

出張・訪問買取サービス12社の比較ページへ

 

宅配買取

着物を宅配便で送り、査定・買取してもらう方法です。後日査定結果の連絡が入ります。金額に納得できれば買取金額が指定の口座に振り込まれます。

 

査定金額に納得できなければ送り返してもらえます。こちらは対面ではないので断りやすいので、人と合うのが苦手な方、セールスされるのが嫌な方、急いでない方におすすめです。

 

メリット
  • 人と合わないで査定できる
  • 営業をかけられる心配がない
  • 査定金額に不服の場合断りやすい
デメリット
  • ダンボールに着物を入れて送る手間
  • 他買取に比べ時間がかかる
  • 即金ではない

 

宅配サービス13社の比較ページへ

 

店頭買取

お店まで着物を持って行き査定してもらいます。査定金額に納得できればその場で現金で買い取ってもらえます。お店までの交通費は自腹です。

 

店頭買取では着物の目利きがしっかりしている専門家が在籍していることから、間違いのない査定金額を提示してくれます。高額な着物をしっかり買い取ってもらいたい人に適しています。

 

メリット
  • 着物の専門家が在籍している
  • 即金
  • 査定金額に不服でも断りやすい
デメリット
  • 近くにお店がないと交通費がかかる
  • 敷居が高い(安物を持って行きづらい)

 

店舗持込み買取サービス11社の比較ページへ

 

結局どの買取方法がおすすめなの?

3つの買取方法を紹介しましたが、どの方法で査定してもらうのがいいのでしょうか?

 

購入価格が30万円以上の着物であれば、専門家が在籍している店舗へ持ち込み査定してもらうのがベストです。お近くに店舗がない場合は宅配もしくは出張買取となります。

 

宅配買取の場合はダンボールを送ってもらい梱包し、配送を行うことで手間がかかります。売却までの手間や時間をを考えると「出張買取」が1番楽です。

 

「出張買取だと周りの目が気になる」という声も多いことから、お店側も訪問する際は社名の入っていない車でうかがうといった対応もされてます。自宅訪問に抵抗がなければ出張買取がおすすめです。

 

購入価格が高額な着物であれば店頭買取、10万円以下で購入した着物は売却までの手間がかからない出張買取や宅配買取といったように、着物を高く売りたいのか、簡単に売りたいのかなどによって希望のサービスを選ぶようにするといいでしょう。

買取り査定がアップする6つのポイント

有名な産地、作家の着物

友禅や紬は高値がつく可能性がある着物です。友禅には加賀友禅や京友禅がありますが、その中でも手書き友禅ならさらに高い査定がつく事もあります。

 

紬であれば「大島紬」、「結城紬」をはじめ、「牛首紬」、「久米島紬」があります。これらに証書が付いてあったり、有名作家のものなら更に高価の買取りが期待できます。

 

産地・メーカー・ ブランドは証明すると高値で買い取ってもらえる?

高値がつくのは正絹の着物

正絹(しょうけん)の着物は絹を100%使用している着物を指します。着物の素材として麻や木綿、化繊、ウール、ポリエステルなどがありますが、正絹は一番格が高いとされています。

 

正絹の重さは匁(もんめ)という単位で扱われます。これは反物の端や付属のタグなどに書かれていますが、この数字が大きいほど高額になります。

 

正絹を正確に見分ける方法は?

着物の証紙がついていること

証紙とは着物の産地を示す情報が記載されている紙です。その着物の産地や価値を証明するようなものです。この証紙がないと着物が売れない訳ではありませんが、あるだけで査定額がプラスされます。

 

そもそも価値の高い着物でない場合は、証紙があっても大して変わりませんが、高級着物に関してはまったく買取価格が違ってきます。これ自体には価値がありませんが、高級着物を買取りに出す時はあるだけでプラスになることを覚えておきましょう。

 

着物買取は証紙の有無で査定に差が出る?

和装小物などもまとめて査定依頼

和装小物も買取してくれますので不必要な和装小物があれば、着物の査定時に一緒に出しましょう。

 

和装小物の全てに共通する高価買取の秘訣は、「まとめる収納箱が一緒にあること」と「複数点あること」です。和装小物自体のみでは高値は期待できませんが、ある程度のまとまった品物を査定に出すと、着物の査定価格にその分の色をつけてくれる場合があります。

標準サイズか丈が長い着物

女性の標準身長サイズである160cm前後の着物が需要が高いです。また、着物独特のチェックポイントとして、裄・丈の長い着物であるかどうかが重要になります。サイズを縮めて仕立て直すことができるので、大柄で裄や丈が十分な着物は高い査定が期待できます。

シミや汚れがないか確認する

未使用も中古も汚れやシミが付いていると査定額が下がります。しかしお店によっては自社でクリーニングを行えるところもあるので、かなり状態が悪い着物でも買い取ってもらえることが多いです。「どうせ値段がつかないだろう」と諦めず買取査定をうけてみましょう。