スポンサードリンク

アンティーク着物の買取相場

 

アンティーク着物の多くは大正時代から昭和にかけての着物で、第二次世界大戦をかいくぐってきたこともあり、傷みの激しいものもあります。そのため、中には数百円程度の買取価格になってしまうものもあるようですが、状態の良いものなら数十万円という思いもかけないに値段になることもあります。譲り受けた着物や帯は価値が分からない場合が多いので、プロの鑑定士の鑑定を受けましょう。

 

銘仙

大正から昭和にかけて普段着として着られていた着物で、果物や乗り物などのポップな図柄や油絵風の絵柄など斬新なデザインが、現代女性に好まれています。そのため、程度の良いものは年代の新しいものよりも買い取り価格が高いものもあり、10,000円~30,000円くらいの値段がつくこともあります。

 

銘仙は、縦糸と横糸を組み合わせて織る平織りで、光沢のある着物ですが、伊勢崎銘仙、足利銘仙、秩父銘仙などの有名産地の銘仙は高価買取が望めます。もともとは、廃棄されるようなくず糸や玉糸を使って織り上げた家庭着で、柄も地味なものでしたが、女学校の袴とコーディネートされるようになり、花柄などの大胆で洗練されたデザインに変わっていきました。

 

現在もファンは多く「大正ロマン」の着物として愛されています。

 

銘仙の特徴と買取価格について

銘仙とは、伊勢崎、桐生、秩父、八王子、足利を産地とする大正時代から昭和にかけて生産された平織りの着物です。普段着として着られていたので、状態があまり良くないものが多く、価格も低めのようです。

 

伊勢崎銘仙

伊勢崎銘仙は群馬県の伊勢崎で生産された絹織物ですが、もともと農家の女性がクズ繭などを利用して家庭着として織り上げたものです。伊勢崎銘仙は併用絣という技法が用いられ、大柄な草花などの大胆で鮮やかな作品が特徴です。また、銘仙の中でも伊勢崎銘仙は最も買取価格が高いと言われ、20,000円~30,000円の買取価格がついたものもあるようです。

 

秩父銘仙

ほぐし織りという技法が特徴の秩父銘仙は、国の伝統工芸品として今も生産が続けられています。表地と裏地の区別がないので、裏返して仕立て直しができ、重宝されてきました。玉虫色の質感と縞模様が特徴で、買取価格は1,000円~8,000円位です。

 

足利銘仙

足利銘仙は、栃木県足利市で生産された絹織物で、ぼかし技法が特徴です。紫の矢絣模様に袴姿の女学生の挿絵に代表されるように、洗練されたデザインが魅力的です。買取価格は1,000円~8,000円くらいのようです。

八王子銘仙

東京の八王子に伝わるカピタン織と言われる複雑な変わり織りが特徴です。カピカタンとはオランダの船長の名前で、この織物を日本に伝えたと言われています。買取価格は1,000円~5,000円前後のようです。

 

桐生銘仙

群馬県の桐生市で織られた絹織物で、絣模様が特徴です。買取価格は1,000円~5,000円前後のようです。

 

*無名の銘仙の買取価格は、ほとんど値がつかないものや、500円~3,000円位が相場のようですが、今後着る予定がなければ、銘仙のファンの人に買い取ってもらった方が喜んでもらえます。

 

御召

御召は、おめしちりめんとも呼ばれ、大正から昭和30年頃まで親しまれてきた絹織物です。布の表面のシボが特徴で、着崩れしにくい上にシワになりにくく、通常の絹織物よりも丈夫なため多くの人に愛されてきました。御召は、無地は正装として、矢羽模様は袴と合わせて女学生の制服に、遊びには縞模様などと多様な用途に用いられてきました。

 

御召で有名な産地は、群馬の桐生、京都の西陣、新潟の十日町、山形の米沢が代表的です。御召は水に弱く、雨などにあたると縮んでしまうのが難点なので、保管状態がよくないと買取価格がつかないものもあります。
反対に、保管状態がよく作家物の着物で証紙があるなら、100,000円以上するものもあります。無名のものは、500円~1,000程度になってしまうようです。

 

宮古上布

宮古上布は沖縄県の宮古島産の麻織物で、チョマを原料としており、夏の着物として今でも愛用されています。砧打ちから生まれる独特の風合いが好まれ、需要は多く高価買取が望めます。

 

上布とは上等の布という意味で、宮古丈夫のほかにも、八重山上布や越後上布が有名です。買取価格はやはり状態の良さや証紙などのあるなしで違っており、3,000円前後ら取引されているようです。

 

アンティークの帯について

アンティークの帯のサイズが現代のサイズと違う場合が多く、買い取り価格は低めとなるようです。今の帯の結び方をすると、きてほしいところにポイント柄がこないこともあります。

 

しかし、和裁の経験がある人や、お裁縫が得意な人は、付け帯にしたり、見えない部分に布を足して長さを調整することができるので、アンティーク着物を売るときには、アンティーク帯もそえると、喜ばれます。

 

アンティーク着物の魅力

アンティーク着物は大正ロマンとも昭和モダンとも言われ、カジュアルなものからフォーマルなものまで様々の種類が、100年近くたった今も市場に出ています。現代の着物にないおおらかな柄や、西洋的な模様が好まれ、若い女性の間ではコスプレ感覚で着られていることが多く、羽織をジャケット代わりに羽織ったり、着丈が短い着物は、おはしょりなしでワンピース感覚で着られています。

 

また、斬新な柄行が多い銘仙などは外国人観光客に人気があり、タペストリーとしてお土産に購入されています。サイズが小さいからとか、記事が弱っているからとゴミに出さず、必要な人に買い取ってもらいましょう。

 

まとめ

アンテーク着物もやはり産地が証明できるものや、証紙などがあると高値で買い取ってもらうことができます。銘仙などの着物は、趣味的な要素があり、地域によって高値で買い取ってくれるところと、そうでもないところがあるようです。大切な着物は、価値のわかる業者に買い取ってもらうようにしましょう。

 

出張料・査定料0円!評判の出張買取店3社