スポンサードリンク

訪問着の買取相場

 

訪問着の買取相場

訪問着の買取相場は数千円~10000円位です。ただし、過去10年以内のもので汚れ、傷がない品物の場合。サイズ的にもあまり小さすぎるものは、お値段がつかない場合もあります。

 

素材は正絹に限ります。訪問着は結婚式や入学式卒業式など、正式な場面に来ていくことのできる着物で、未婚既婚問わずだれでも着ることができるので需要は多いと見込まれます。

 

買取相場もそれなりに高値がつくでしょう。

 

また、作家物や伝統工芸品やブランド品などの訪問着はもっと高額で50000~200000円ほどになります。いずれにせよ、着物を見てみなければ正確な値段はつかないので、着物買取専門店の買取査定に申し込むことをおすすめします。

 

着物買取、訪問着を高く売るコツ

訪問着を高く売るコツは以下のようになります。

 

  • 証紙があればつける
  • 帯や小物なども一緒に売る
  • 早めに売る
  • ネットの着物買取専門業者に売る

 

証紙は着物の証明書のようなものです。加賀友禅などの伝統工芸品には、伝統マークや加賀友禅の認定のマークとしての証紙がついています。これがないとあるとではお値段がだいぶ違いますので必ずつけてください。

 

また、小物や帯などまとめて査定してもらうと高額になります。お家に着物類や小物が他にもあるならば、整理して一緒に査定してもらいましょう。もちろん一点のみでの査定もできますし、査定額に納得できなければキャンセルもできます。

 

洋服ほどではありませんが着物にも流行があります。アンティークと言われるほど古いものは別として、古い着物にはあまり価値が認められません。

 

置いておいて価値があがることはあまりないと思われますので、ぜひとも早めに買取に出すことをおすすめします。着物は保管にも気を使い、自宅保管だと思わぬダメージがおこる場合もあります。

 

また、着物の処分を考えた時には着物買取専門店をおすすめします。着物は専門性が高いので、近隣のリサイクルショップなどでは、価値がわからないまま安値で買い取られてしまう可能性もあるからです。

 

オークションを利用して着物も売ることができますが、採寸や情報を伝えるのが素人には難しく、いつまでたっても売れない場合もあります。ネットで申し込めて全国どこでも出張買取やネット買取ができる専門店で買取査定してもらうのが、便利で高値買取してもらえるでしょう。

訪問着とは

訪問着は「絵羽」という模様付けがなされているのが特徴です。着物を仕立てた形に生地を裁断して、仮縫いした後に絵を描いてからほどき、その後染めた着物です。

 

帯の上と下に柄があり、縫い目をまたいで絵がつながっているのが特徴です。似たような着物で付下げがありますが、付下げの方は絵羽にせずに反物の状態で染色されているものです。

 

訪問着は正装になり親族以外の結婚式の出席や、お茶席、パーティ、入学式、卒業式、お宮参りなど、華やかな行事にはたいてい来ていくことができます。

 

柄によって派手なものから地味なもの、おとなしいものから斬新なものまでいろいろありますので、用途や年齢で選ぶことができます。無難な訪問着を1つもっていれば、いろいろな場面で使用することができ重宝します。

 

しかし年齢に応じて訪問着も似合うものに買い替えていった方がよいので、お嫁入りの時につくった訪問着など、年齢を重ねて似合わなくなったものがある場合も、着物買取で査定してもらうことをおすすめいたします。そして新しい訪問着を誂えてはいかがでしょうか。

 

訪問着は、基本的には染の着物です。紬訪問着といわれるものも最近はありますが、こちらはもともと普段着の紬ですので結婚式などにはNGです。

 

気軽なパーティやお出かけ着として着るものです。紬訪問着も数千円~10000円ほどの相場で買取されています。

まとめ

 

訪問着は正装として、結婚式や入卒式、パーティなどに来ていける着物です。訪問着はあるとなにかと重宝します。

 

新調して前の着物を使わなくなったり、似合わなくなった訪問着がある、親や祖母などから譲り受けたが着物を着る機会がない、お嫁入りの時つくったがタンスの肥やしになっているなど、活用されていない訪問着がある場合は、ぜひお早目に着物買取専門店の査定をおすすめします。

 

一枚からでもお気軽に買取査定をご利用ください。

 

出張料・査定料0円!評判の出張買取店3社