スポンサードリンク

振袖の買取相場はいくら?

 

振袖の買取相場

振袖の買取相場は10,000円ぐらいと言われています。

 

ただし、これもケースバイケースなので実際に買取業者のスタッフが着物を見てみなければ値段をつけることはできません。

 

着物の状態にもよりますし着物のサイズにもよります。身丈が大きいサイズの方が需要があります。あまり小さすぎると今の若い人には着ることができないからです。

 

ブランド着物や、作家ものなどの高級品、未使用品などはもっと高額で買取されます。高級品ですと長襦袢や帯などもあわせて50000円~60000円程度で買取されるようです

 

振り袖に限らず、どの着物を買い取ってもらう場合でも、買ったときの金額の1割以上だとまずまずと言ったところです。中古の着物は思っているほど高価買取は期待できず、10,000円くらいからで、帯と長じゅばんがついても50,000円くらいのようです。

 

振り袖は、大振り袖、中振り袖、小振り袖と種類がありますが、それぞれの振袖に合った長じゅばんが必要です。そのため長襦袢(ながじゅばん)がついていると買取価格が上がります。

 

振袖に長襦袢、帯のセットになっていて保存状態が良ければ、有名作家の作品や老舗呉服店の物でなくても高価買取が期待できます。

 

着物買取、振袖を相場より高く売るコツ

振り袖は流行遅れになる前に手放す

洋服のように早いサイクルではありませんが、振り袖の色や模様にも流行があります。2016年、2017年は赤色、黒色といった引き締まって見える色や、ピンクやクリーム色などのパステルカラー地に古典柄が人気の主流でした。

 

10年ほど前にはかなり斬新な柄が人気でしたが、近頃は需要がなさそうです。今後着る予定がなければ流行遅れになる前に買い取ってもらうほうが高値がつきます。

ブランドや価格を証明できるものをつける

着物の値打ちを証明できるものの有無で価格が大幅に違ってきます。着物の専門店で買い取ってもらう場合でも、作家物やブランド品で証紙や証明書、鑑定書があることで高額で買い取ってもらうことができます。

 

振袖が伝統工芸品など、高級品であれば証紙がついている可能性があります。これは着物の産地やブランドを証明する証明書になります。あるならば必ず買取時につけてください。どこか別のところにしまったというならば、ぜひひとも探し出しましょう。査定額が大幅にアップします。

振袖用の長襦袢もセットで買取り額アップ

振袖を買取査定に出すときには、是非振袖とセットの長襦袢や帯を一緒に出しましょう。

 

長襦袢とは着物の下に着るもので、半襟をつけた襟元と袖から少し見えるものです。男性がスーツの下にワイシャツとネクタイを着るようなもので、長襦袢を省略するわけにはいきません。

 

長襦袢は着物と袖丈が合ってなくてはならないので、振袖に合わせた袖丈の長襦袢を用います。普通の着物用の長襦袢を着ると袖がはみだして変な感じになっていまいます。

 

長襦袢の袖丈を短くして、訪問着などの着物用にすることもできます。仕立て直し代も7000円程度かかるので、あまり着物を着ない方であれば振袖と一緒に長襦袢も買取査定してもらった方が査定額も高額になってお得でしょう。

振袖用の帯も一緒に出してさらに高価買取!

振袖用の帯は袋帯と言われるものです。袋帯は訪問着などの時にも締められるものです。しかし振袖で用いた袋帯は振袖に負けないように、金糸や銀糸が使われて豪華な柄のものが多く、また若い人に似合うようなデザインになっています。

 

訪問着とは似合わない場合も多いので、振袖とセットで買取してもらった方がいいでしょう。もし、袋帯は後で振袖以外の用途でも、用いたいと思っているなら購入の時におとなしめの柄を選択することです。

 

また、振袖用の袋帯は豪華な飾り結びにするために長めに作られている場合があります。長めだと訪問着などの時に締める二重太鼓にすると長さが余ってしまい、うまく着付けることができません。

 

訪問着に飾り結びをすることも可能ですが、やはり振袖用の袋帯は振袖とセットにした方が良いでしょう。査定額がアップし、振袖単品で売る相場額よりも高く売ることができます。

バッグ、草履などの小物もセットで査定額UP!

振袖と一緒に購入したバッグや草履なども、セットで買い取ってもらった方が高額買い取りになります。

 

白いショールなどは保管状態が悪いと微妙に黄色っぽく変質することもあるので、着物を買い取ってもらうなら一式揃えて査定してもらう方がだんぜん価格がアップします。

 

振袖用のバッグや草履などは、振袖に合う若々しい柄や派手さのものが用いられています。やはり振袖以外には似合わないものも多いので、振袖とセットにして買取査定してもらった方がいいでしょう。

 

汚れてしまった振り袖には値段はつかないの?

成人式や結婚式のパーティで食べ物をこぼしてシミになってしまったとか、急な雨にあって縮んでしまったなどの着物も、リメイク好きの人にとっては宝物です。着物買取店でも化繊やウールなどと違い絹ものの着物は、はどのような状態でもたいていは買い取ってもらえます。あきらめずに査定をしてもらいましょう。

着なくなった振袖はネットで着物買取がおすすめ

 

振袖は若い女性の服装。既婚者は着ることができませんし、未婚であっても年齢が高くなると振袖を着るのもはばかられるようになります。

 

母から娘に譲るなど身内の方にお譲りするのが一番いいのですが、娘もなく身内に適当な若い娘さんがいないと差し上げることもできません。

 

相手にも好みがあることですし、よほど親しくないとあげるというのも迷惑なのかなとも思います。

 

実際、成人式で着てその後数回袖を通して綺麗なままの振袖が、おうちでたくさん着られないままタンスの中に眠っていること思います。断捨離を断行するときにも、購入価格が高価なものだけに簡単に処分できないのが振袖です。

 

また、着物はメンテナンスが大変です。保管の仕方が悪いと虫食いやシミになっている場合があります。適度に虫干しをしたり、防虫をしたりと手間がかかってしまいますね。

 

そんなタンスの肥やしになっている振袖は、ネットの着物買取業者の買取査定を利用して買い取ってもらいましょう

 

思い立ったら早めに行動した方がお得です。着物は長く着ることができるものですが振袖には流行があり、最近購入したものならなるべく早い方が需要があるので買取額アップにつながります。

 

ヤフオクなどのオークションで売った方が相場よりも高く売れるのですが、きちんときれいに写真をとり、身幅や裄などサイズを正確に計り、状態をきちんとチェックして、入札者の質問に答えるのはなかなか素人には難しいものです。

 

中古着物の売り手はたくさんいるので、すぐに売れるともかぎりません。

 

その点、着物のことがよくわかっている専門業者ならきちんと査定をしてくれて、宅配買取や出張買取など手間がかからず便利な対応をしてくれます。振袖以外に他の着物もあれば一緒に査定してくれ、さらに高値がつきます

 

査定は無料ですので、買い取り価格に納得できなければ、別の業者も試して査定額を比較してみてもいいでしょう。

 

出張料・査定料0円!評判の出張買取店3社
 

まとめ

 

着なくなった振り袖は着物買取りへ

振袖は未婚女性の第一礼装。既婚者になると着ることができません。振袖を購入したものの着る機会がない場合は、メンテナンスをしないとせっかくの着物が痛みますし、放って置いたら死蔵となります。

 

振袖用のものは、他の着物時には活用しにくいので帯や長襦袢、小物類だけ置いておいても邪魔になります。

 

振袖はミスの第一礼装なので、成人式をきっかけに新調する人も多いようですが、結婚すると着る機会はありません。大切な着物はできれば娘や孫の代まで着続けたいものですが、保管状態がよくないといざ着ようと思ったときにはシミができていてどうにもならないことも多いようです。

 

また、ミセスの礼装の留袖などは比較的ゆるやかな流行であるのに比べて、振袖の流行のサイクルは3~4年と言われています。虫干しなども定期的にする必要があるので、何かと忙しく着物の手入れまで手が回らない人は、なるべく新しいうちに手放して高価格で買い取ってもらいましょう。