スポンサードリンク

正絹の見分け方【燃やす?】正絹着物の素材・特徴(長所・短所)

PCB廃棄物

 

正絹(しょうけん)・・・まじりもののない絹100パーセントで作られた生地

 

着物には洋服のように品質表示タグがついていないことが多いので、着物を見て正絹かどうかは判断が難しい時があります。特に古い着物や堅い特殊な織り方の着物などは、呉服屋などのプロでも判断しづらい場合があります。

 

故意か知識不足か呉服屋に「正絹」と言われた着物が、化繊だったり合繊であったりというトラブルもあります。正絹かどうかはどのようにして見分けるのでしょうか。

 

正絹は燃え方が違う【布別での違いを比較】

正絹かどうかの判断の決め手は繊維を燃やしてみることです。

 

着物のあまり布か、なければ袖のたもとなどを裏返し、糸を一本引き抜いて燃やしてみましょう。燃え方やにおいで判断できます。

 

絹の燃え方

  • 火は火をつけた部分のみが早く燃えるが、燃え広がらずその部分だけちりちりになる
  • 黒い塊が手で簡単につぶれる
  • 髪の毛を燃やしたような臭いがする

絹を燃やした時の特徴は上記のようになります。絹は蚕の糸ということで動物性のタンパク質でできているので、髪の毛と似た燃え方をします。

 

 

※こちらの動画がとても分かりやすいのでご覧ください。

 

レーヨンの燃え方
  • 紙のようにぱっと燃えあがり燃え続ける
  • 紙を燃やしたような臭いがする
  • 白い灰になる

レーヨンを燃やした時の特徴です。合成繊維でも昔のものは素材が「レーヨン」の場合があります。レーヨンは「人造絹糸」略して「人絹」と言われました。レーヨンはパルプからできていて紙と同じ性質を持ちます。

ポリエステルの燃え方
  • 溶けてから黒煙を出して燃える
  • 燃えた後は、黒い塊になる。その塊は冷えると堅くなる
  • 独特のにおいがする

ポリエステルはご存じのように石油由来できています。ナイロンやアクリルなどの合成繊維も同じです。ポリエステルはビニールやペットボトルを焼いた時のような燃え方をします。

ウールの燃え方

ちなみにウールもタンパク質なので燃え方は絹と同じです。しかし、燃やすととんでもなく嫌なにおいがするのですぐわかります。

 

着物が正絹かを判断する方法は繊維を燃やすのが手っ取り早く確実です。正絹かどうか怪しい着物で試してみてください。

 

着物を売る場合、正絹かどうかはとても重要です。化学繊維のものは価値が低く、着物買取業者に買い取ってもらえない場合があります。

プロの見分け方はここが違う

これらはプロの感覚で素人にはハッキリわかりません。古いものや織り方によってはプロの呉服屋さんでも釈然としない場合もあるそうです。

 

見た目で判断

 

プロは大体見た目でわかるそうです。絹には独特の美しい光沢があるからです。しかし、最近はプロの目もあざむくポリエステルもあるので見た目だけは判断しかねます。

 

手触りで判断

 

着物を普段扱っている人には手触りでわかるそうです。化繊のものは触ると乾いたカサカサした感触がし、絹はしっとりと肌になじむ感じがします。

 

また、手の熱がすぐに伝わり、独特の衣ずれの音というかキュッキュとなるような摩擦感があり、見た目以上に重みがあったりするのも絹の特徴です。

正絹の着物の長所と短所

特に高級感や光沢など見た目の部分は、よほど着物に詳しい人でないとパッと見はわからないとも言われます。しかし、着付けの具合は正絹が一番良いようです。

 

特に帯は正絹とそうでないかは締めるときの具合がだいぶ違います。また、夏涼しく冬暖かいという絹の性質は化学繊維では逆になり、意外に見逃せない点であると言えます。

 

正絹の着物の長所

 

  • 着心地がいい
  • 着付がしやすい
  • 保湿性、通気性がよく、夏涼しく、冬は暖かい
  • 手触り、肌触りなどが良い
  • ポリエステルと比べると静電気が起きにくい
  • 高級感があり、自信を持って着ることができる
  • やはり光沢が素晴らしい、風合いが違う

 

正絹の着物の短所

 

  • 値段が高い。気楽に買えない
  • 自宅で洗えない。ポリエステルの着物は洗濯機でも洗える
  • 雨に濡れるとシミになるので、雨の日は気をつかう
  • 虫食いやシミ、変色など保管にも気をつかう

 

正絹の着物の短所はお手入れが難しいということです。

人絹(レーヨン)と正絹について

19世紀末にレーヨンが発明され、日本でも第一次大戦ごろからレーヨンが製造されるようになりました。レーヨンは絹の代用として用いられ「人造絹糸」と呼ばれました。略して「人絹」と言われ、人絹製の着物も製造されるようになりました。そして人絹に対しての本物の絹という意味で「正絹」という言葉が使われるようになりました。

 

レーヨン以外にも石油由来のポリエステルが1940年代から登場し着物にも使われるようになりました。化学繊維の着物は近年だけのものではなくずいぶん昔から製造されています。

 

おばあ様などお年寄りから譲り受けた着物や、古着屋古道具屋で買ったアンティーク着物でも「人絹」である場合は多々見受けられます。

 

昔の化学繊維の着物は質があまり良くないものが多かったのですが、最近では化学繊維の技術も格段に進歩して、絹と見間違う合成繊維も開発され「東レシルック」などの化学繊維のブランドもあります。

 

表地と裏地の素材が違う着物も

 

表地は正絹ですが、着物の裏地に化学繊維のポリエステルを使っている場合もあります。着物を仕立てる時は、着物の表地とは別に胴裏と裾の方などに使う八掛と呼ばれる裏地を使わなければなりません。

 

これらの裏地も正絹の素材とポリエステルの素材のものがあります。表地が正絹の場合は裏も正絹の方がよいとされていますが、予算や用途によってポリエステルを使用している場合もあります。レンタルの着物や既製品のものなどは、ポリエステルを使っていることが多いようです。

 

しかし、お値段のことやお手入れのことを考えると、ポリエステルなどの化学繊維の方が洗濯もできて断然扱いやすいです。着物買取専門店では正絹の着物のみしか買取を受け付けてくれない場合もありますので、買取依頼時には確認してみましょう。

正絹とは絹100%の着物のことです

正絹とは

正絹とは着物類において、おおむね絹100パーセントの素材のもののことです。化学繊維で絹に似せた着物もあるため、あえて「正絹」と言っています。正絹の着物はやはり高級感もあり着心地が違います。

 

古来より着物は絹(シルク)を素材として用いていました。もちろん普段着として木綿や麻などの着物も用いていましたが、多くの着物は蚕からとれる繭で絹糸を紡ぎ織って作られます。

 

織り方や模様や着物の格などは違いますが、堅い素材の紬も絹でできています。振袖や訪問着などの格の高い着物も小紋や紬などの普通のおでかけ着物も総じて絹が使われています。帯や着物の下に着る長襦袢も絹が用いられます。

 

本絹(ほんけん)ともいう?

 

正絹と同じ意味で「本絹」という場合もあります。これも絹100%の意味です。

 

本絹は、繭から引き出した糸のみでつくった生糸からできた絹のみのことで、くず繭などを集めて再生して作った糸を絹紡糸と呼んで区別したという話もありますが、最近は、正絹=本絹で、どちらも同じものと考えてよいようです

着物買取業者が買取るのは基本的に正絹の着物のみ

着物買取の場合、基本的に正絹であるならば買取ってもらえます

 

ただし、正絹でない着物、化学繊維や、木綿、ウールなどの素材の場合は、対象外としている買取店もあります。また正絹の着物がたくさんある場合に合わせて買い取ってくれるけれども、単品の化学繊維の着物の買取は難しい場合もあります。

 

購入価格が30万円以上の着物であれば、専門家が在籍している店舗へ持ち込み査定してもらうのがベストです。お近くに店舗がない場合は宅配もしくは出張買取となります。

 

着なくなった着物がたくさんあるなら、宅配買取という選択もよいでしょう。ダンボールを送ってもらい梱包し、配送をするとお店から買取額の連絡があります。査定額に納得ができれば料金が振り込まれ、納得できなければ返送してもらうことも可能です。

 

もちろん、必要でなければお店で処分してもらうことも可能です。無償引き取りをやっているお店も多いので安心して依頼することができます。

 

自分にピッタリの着物の売り方を探してみましょう。