スポンサードリンク

加賀友禅の着物の買取相場

加賀友禅の買取相場

加賀友禅の着物の買取相場は50000円から200000円くらいです。
参考URL:http://www.japandirect.jp/hisaya/f/

 

これは石川県の本場加賀友禅の訪問着の場合です。そして汚れや痛みがない状態のもの過去10年以内ぐらいのものが対象です。

 

振袖だともっと高額になり、付下げだともう少し安くなります。着物買取相場としては結構高額です。

 

買取価格には幅があるのは新品の加賀友禅も、作家さんによって値段がずいぶん違っているからです。着物は一つ一つ状態や物が違うので、買取スタッフが見てみなければ値段をつけることができませんので、査定を受けてみなければわからないようです。

 

また、加賀友禅のように見えても、加賀調とか加賀友禅風と言われる着物もあります。見た目は素人では区別がつかないと思います。

 

加賀友禅の複雑で手間のかかる友禅製作の工程を合理化して量産される着物で、価格もお安くなっています。決して品が悪いとかコピー商品というわけではありません。しかし買取価格は本場加賀友禅よりは、安くなってしまいます。

加賀友禅の有名作家の相場

新品の加賀友禅の着物は高価なものです。手描きの加賀友禅はとても手間がかかっているのでそれも納得です。価格は人間国宝級の作家の物は、数百万の値段をつけます。しかし最近は技術も進歩し、手間を省いたものでは安いものもあり値段の幅がとても広くなっています。

 

加賀友禅の有名な作家には、人間国宝の「木村雨山」がいます。着物買取でも高額で買取されています。

 

他に、有名な加賀友禅の作家では、「百貫華峰」がいますが訪問着で80000円ほどの値段が付く場合もあります。また「由水十久」も童子の柄で有名な加賀友禅の作家です。高額取引されていて訪問着で200000円ほどのお値段がつく場合もあります。

 

他に加賀友禅の有名な作家には、 二塚長生、 毎田健治、 毎田仁郎、 水野博、成竹登茂男、 能川光陽、 矢田博、 梶山伸、柿本市朗、 東藤岳などがいます。

 

有名作家のものはそれだけ高額買取されますが、普通のリサイクルショップなどでは、価値を認められない可能性も多いので、ぜひ着物の価値を知っている着物買取専門のショップをお使いください。

加賀友禅の着物を相場より高く売るコツ

加賀友禅の着物を相場より高く売るコツをまとめます。

 

  • 証紙をつける
  • できれば早めに売る
  • 売る着物がどの程度の加賀友禅なのか把握する
  • 査定額に納得できなければ別の業者も試してみる
  • ネットで全国展開している着物買取業者を利用する

 

加賀友禅の証紙があれば必ずつける

本場の加賀友禅には、証紙と呼ばれる本物を保証する証明書がついています。
参考URL:http://www.kagayuzen.or.jp/shoushi.html

 

着物買取では証紙があると着物の価値の証明になりますので、必ず一緒につけておきましょう。それだけで買取価格はずいぶん高額になります。

 

証紙は二種類あります。「伝統証紙」と言われる経済大臣の認定を受けた、伝統的工芸品産業振興協会が発行する伝統マークが一つ目です。

 

二つ目は(協)加賀染振興協会が発行する証紙です。友禅流しのデザインをあしらっており、協会の認定を受けた作家名が入っています。また色で分かれていて、正絹ではない合繊のものは緑、板場友禅と呼ばれる型染めのものは紫、手描友禅は赤の証紙になっています。当然、赤の伝統証紙の手描友禅の方が高額になります。

 

協会に入っていない加賀友禅風の着物もありますので、その場合は同じように見えても本物の加賀友禅ではないと判断されてしまいます

 

本物の加賀友禅には落款もある

本場の加賀友禅かどうかを見分ける方法に、もう一つ落款があります。落款は作家のサインのようなものです。加賀染振興協会に「落款」が登録されています。

 

7年以上の修行をして、会員2名の推薦をうけて初めて作家として認可されるそうです。登録されている落款か加賀友禅振興協会のサイトで調べることができます。
参考URL:http://www.kagayuzen.or.jp/rakkan.html

 

また落款は下前衿先、下前衽に入っていることが多いので確認してみてください。しかし、仕立てによって見えないところに入っている場合や、あまり布に入っている場合もあります。絶対にあるはずとも言えませんので参考までになさってください。

 

加賀友禅の特徴

加賀友禅は石川県(加賀藩)の伝統工芸品で江戸中期にできました。
特徴は、

  • 絵画的で花などの自然物や、古典柄が多い
  • 加賀五彩という「えんじ、黄土、藍、草、古代紫」の5色を基本としていて、少しくすんだ落ち着いた色をしている。
  • 「虫食い」という葉っぱが虫食いに食べられたような彩色をいれている。
  • 「先ぼかし」といって、外側が鮮やかで内側にむかって薄くなる色使いの技法を用いている
  • 京友禅とちがい金や刺繍を基本的に用いない

などが上げられます。

 

京友禅が公家文化の華やかさを持つのに対し、加賀友禅は武家文化の落ち着いた文様や地色であると言われています。年齢層の幅も広くあきがこない着物です。

 

加賀友禅の着物は早めに買取へ

着物は金などと違い、置いておいて価値が出るものではありません。反物から仕立てた時点で、たとえ袖を通していなくても中古品となり価値がほとんどなくなってしまいます。

 

中古着物の買取相場は新品の価格の100分の1以下になるかもしれません

 

着物は置いておいくと虫食いやシミなど非常に保管に気を使います。高価な加賀友禅を管理が不十分なために、シミをつくってしまったり、カビができたりしたらもったいないですね。もし、もう着ない加賀友禅の着物があれば、ぜひお早めに買取査定を受けてみることをおすすめします。

 

無料で査定してもらえますし、買取査定額に納得できなければキャンセルもできますので、眠っている着物をそのまま死蔵させずせっかくの加賀友禅を活用できる方法を考えてみてください。

まとめ

 

本場加賀友禅の着物は手間がかかり、作家の手描きである場合は大変高価なものになります。買取相場も着物買取では高額になり、有名作家のものでは更に高額になります。

 

もし、着る機会がない加賀友禅の着物があれば、ぜひ着物買取専門店の買取査定をうけてみてください。

 

大変な手間をかけられた美しい加賀友禅は、自宅で眠っていてはもったいない着物です。自宅保管にも気をつかいますし、必要とされている方の手に届けることができます。

 

出張料・査定料0円!評判の出張買取店3社