スポンサードリンク

着物の喪服の買取相場

 

喪服の買取相場

お葬式の時に着る喪服。着物の喪服は多くの着物買取店では、着物の状態の善し悪しに関係なく値段がつかないものと言われています。

 

それでも外国人向け、手芸用などとして売るために買い取りをしている場合もあります。特に外国人は喪服を見ても葬式を連想せず真っ黒のクールな着物と感じるだけなので、これから需要が増えていくかもしれません。

 

また、非常に高級品の場合は買取対象になることもあります。一概に買い取りできないともいえませんので、着物買取専門店にぜひお問い合わせください。

 

喪服は需要がない

喪服の買取ができないといわれるのは需要がないからです。地域性にもよりますが着物を着て葬儀に出るのは故人の妻か子、嫁などの場合。それも最近では洋装の喪服ですますことが多いようです。

 

どうしても着物の喪服を着なければならない場合でも、着る機会は長い人生でも一、二回、どうしても必要ならばレンタルもできます。喪服の着物自体需要がないと言えます。

 

喪服には家紋が入っているから

喪服には家紋が入っているので中古市場に出しにくいという理由もあります。五つ紋といって家紋が入っています。背中、両袖、両胸です。

 

この家紋は地域や家によって風習が違い、婚家か実家かどちらの紋をいれるべきかで結構もめたりします。つまり見えるところにネームが入っているようなもので、中古市場に出しにくいものなのです。家紋は染め変えることはできますが、中古市場の売値を思うと染め変えなどわざわざできません。

 

まとめ

 

着物の喪服は、状態の善し悪しに関係なく、着物買取業者でも買い取りできない、引き取ることはできても値段をつけられないといわれる場合が多いようです。

 

着物の中古市場で喪服の需要が見込まれないからです。でも一概には言えないので、ぜひ着物買取専門店の方にお問い合わせしたり、買取査定を申し込んだりしてみてください。

 

出張料・査定料0円!評判の出張買取店3社