スポンサードリンク

名古屋帯の買取相場

 

名古屋帯の買取相場

名古屋帯の買取相場は着物買取店の参考価格で6,000円となっています。

 

http://www.japandirect.jp/kaitori/img/list.jpg

 

これは過去10年以内に生産されたもので、シミ、汚れなどがないお品物の場合です。目立たないところであっても汚れや傷があると査定額が下がります。

 

また、帯の素材は正絹(絹100%)に限ります。ポリエステルなどの化繊の帯も最近はありますが、こちらはお値段がつかない場合があります。

 

名古屋帯は結婚式や入学式などフォーマルな場にはあまり向きません。フォーマルに使うのは袋帯という種類の帯です。しかし、名古屋帯は素材やデザインによって、改まった場所から日常使いまで使用できますので、需要は多いと見込まれます。

 

着物一枚に帯三本と言われるように、着物は同じでも帯でコーディネートを楽しむことができ、良い名古屋帯は欲しい方はたくさんいるので買取相場もそれなりに高値がつくでしょう。

 

また、作家物や伝統工芸品、ブランド品などの名古屋帯はもっと高額でになります。いずれにせよふつうのリサイクルショップでは帯の価値などはわかりませんので、着物買取専門店の買取査定に申し込むことをおすすめします。

 

着物買取で名古屋帯を高く売るコツ

名古屋帯を高く売るコツは以下のようになります。

  • 証紙があればつける
  • あれば着物と一緒に売る
  • 早めに売る
  • ネットの着物買取専門業者に売る

証紙は着物の品質証明書のようなものです。伝統工芸品などには認定のマークとしての証紙がついています。査定時のお値段がだいぶ違いますので、お持ちの名古屋帯が良いもので証紙がある場合は必ずつけてください。

 

また帯は単品でなく、着物などまとめて査定してもらうと高額の査定になります。和服の類を整理して小物なども一緒に査定をしてもらうといいでしょう。

 

また名古屋帯も含めて着物は、骨董品ではないので置いておくとそのぶん古びていき値打ちが下がります。保管にも気をつかわなければなりませんので、できるだけ早めに買取査定してもらった方いいでしょう。

 

洋服のリサイクルほど、冬物夏物などの季節による違いはないのでいつでも思い立った時に買取をしてもらいましょう。買取には着物買取専門店をおすすめします。ネットで申し込みをし、着払いで買取ってもらえるので手軽でとても便利です。

 

そして、一般のリサイクルショップより着物を専門にしているので、着物のことがよくわかっています。きちんと価値を見極めて、良いものは高値買取してもらえるでしょう。

名古屋帯とは!?

名古屋帯は帯の種類の一つです。名古屋で生まれました。名古屋の女学校の先生が考案したそうで、昭和初期から流行しました

 

名古屋帯は胴に巻く部分が最初から二つに折って仕立ててあり、一重太鼓という結び方をする帯です。袋帯は二重太鼓にする帯で、名古屋帯は袋帯より長さも短く、軽くて締めやすくなっています。袋帯よりもカジュアルに使えるのが名古屋帯です。

 

織りの着物には染の帯といわれ、名古屋帯は紬などのカジュアルな着物に合わせるのにピッタリです。塩瀬などの染帯が多いのですが、織りの帯もつくられるようになり、金糸銀糸入りのフォーマル用の名古屋帯もあります。

 

ただし、やはり袋帯の方が格が高く、「喜びが重なる」という意味でもおめでたい場所では二重太鼓の袋帯がおすすめです。ただし、葬儀の場合は「重ならないように」という意味で名古屋帯の一重太鼓が選ばれます。

まとめ

 

名古屋帯は袋帯よりはカジュアルな帯で、帯の素材や柄によって様々な場所に着ていくことができます。着物を普段用に持っている方だと何本も持っているのが名古屋帯です。

 

着物よりも帯の数を増やした方がコーディネートの幅が広がります。

 

名古屋帯を新調してあまり使わなくなった、似合わなくなった名古屋帯がある、また親や祖母などから譲り受けたが着物を着る機会がないので、お蔵入りしているなど・・・

 

活用されていない名古屋帯がある場合は、ぜひお早目に着物買取専門店の査定をおすすめします。一枚からでもお気軽に買取査定をご利用ください。

 

出張料・査定料0円!評判の出張買取店3社