スポンサードリンク

人間国宝が作った着物はいくらぐらいが相場?

人間国宝木村雨山作

木村雨山作

 

中古着物は人間国宝のものとはいえ、保存状態にもより、買取価格に開きがあります。また、美術品扱いの物や希少価値のあるものは値段の公開もされていません。

 

以下に紹介する人間国宝の作家の着物や帯もかなり開きがありますが、買い取ってもらうときの参考にしていただければと思います。

 

稲垣稔次郎の作品

絵画的な繊細な図案が美しく、没後50年以上たっても人気が高く、 市場にはあまり出回っていませんが、買取価格は3万円くらいからのようです。

 

上野為二の作品

着物の中にストーリー性があり、アート作品としての要素が高く、中古市場ではなかなか出回っておらず、買取価格は公表せれていませんが、3万円くらいからとも言われています。

 

小川善三郎の作品

草木染など優しい色合いで手織りにこだわった作品で、高価買取価格となっていますが、詳しい買取価格は公表されていません。

 

小川規三郎の作品

手織りの博多織が知られていますが、5万円くらいからが買取価格の相場のようです。

 

鎌倉芳太郎の作品

沖縄の紅型技法で染められた作品が有名ですが、2万円くらいからで買い取ってもらえるようです。

 

木村雨山の作品

加賀友禅留袖で、3万円くらいから55万円くらいと幅があります。

 

北村武資の作品

経綿紬が8万円くらいから22万円くらいまでと幅があります。

 

児玉博の作品

伊勢型紙の技法を取り入れた繊細な作品で、買い取り価格は2万円代からと言われています。

 

小宮康助の作品

繊細な江戸小紋が有名で、3万円~5万円の買取価格が一般的のようです。

 

古賀フミの作品

染織の帯が2万円くらいが相場のようです。

 

佐々木苑子の作品

絵絣紬が有名で8万円くらいが買取相場です。

 

清水の作品

「長板中形」と言われる手法の染めの着物が2万円くらいからと言われています。

 

城之口みゑの作品

伊勢型紙の技法で知られています。

 

志村ふくみの作品

桜の樹皮で染色された味わい深さが魅力的です。買取相場は2万円くらいからです。

 

芹沢銈介の作品

型絵染の技法が独創的で3万円くらいからが買取相場のようです。

 

玉那覇有公の作品

紅型模様が有名で、6万円~10万円くらいの買取価格がついています。

 

田島比呂子の作品

自然をモチーフにした色彩豊かな着物が多く、買い取り価格は3万円くらいからのようです。

 

平良敏子の作品

芭蕉布が有名で買取価格は5万円くらいからです。

 

千葉あやのの作品

「正藍染」と言われる技法の藍染で3万円くらいからが相場のようです。

 

中村勇二郎の作品

伊勢型紙で人間国宝に認定されており買取価格は5万円くらいからです。

 

南部芳松の作品

中村雄三郎と同じく、伊勢型紙で人間国宝に認定されています。

 

羽田登喜男の作品

友禅訪問着で10万円~45万円と幅がありますが、高価買取価格です。

 

福田喜重の作品

正絹訪問着は、5万円くらいが相場のようです。

 

深見重助の作品

組紐で人間国宝に認定されており、帯締めの買取価格が1万円から3万円くらいと言われています。

 

松原定吉の作品

藍染による「長板中形」が知られており、買い取り価格は3万円くらいです。