スポンサードリンク

大島紬の買取相場

 

大島紬の買取相場

本場大島紬は大変高級で、新品のものを呉服店などで購入すると30~120万くらいはすると思います。着物買取業者による買取相場ですが、安いものですと7000円~1万円ぐらいまででしょう。サイズや着物の状態によっても違ってきます。

 

しかし、大島紬でも高級品や新品に近いもの、需要ありそうなものですともっと高値が期待できます。キャンセルもできますのでとりあえず買取査定に出してみてはいかがでしょうか。複数の着物買取業者で査定してみることも可能です。

 

相場よりも高く売るコツ!証紙を必ずつける

 

買取査定に出す着物が本場大島紬の着物の場合は証紙が付いていたはずです。ぜひとも買取の際にはこの証紙をつけてください。査定額が断然アップします。買い取る方にとっては証紙は本物の証明書となります。

 

本場大島紬には、奄美大島産のものと鹿児島産などがあり、証紙に記載されています。

 

奄美大島産のものは「本場奄美大島紬協同組合」が認定して、証紙を発行しています。奄美大島産の証紙は地球のマークが目印です。

 

鹿児島産のものは「鹿児島県本場大島紬共同組合連合会」が認定して発行しています。証紙は日本国旗が×の形になっている旗印です。鹿児島産の大島紬は奄美で泥染めをして鹿児島で織ったものだそうです。

 

そのほか宮崎県産の「都城絹織物事業協同組合」発行の鶴印の証紙もあります。

 

自分の大島紬を知って高く売りましょう

本場、大島紬はとても細かい工程を手作業でつくっているので、その課程の細かさによって値段が違います。お持ちの大島紬がどの程度のものか売る前に検討をつけておいてもいいでしょう。これらの情報も大島紬の着物についていた証紙に記載されています。

 

絣模様がどの程度か?

 

大島紬は、絣模様が基本です。細かい工程の説明は省くとして、絣の種類によって大まかに以下のようにわかれます。総絣が一番難しく、経緯絣、緯絣、縞大島とつづきます。

  • 経緯絣(たてよこかすり)タテ地糸、タテ絣糸、ヨコ地糸、ヨコ絣糸でおる定番の絣
  • 総絣(そうかすり)タテ地糸を絣糸にしてさらに複雑にしている
  • 緯絣(よこかすり)横糸を地糸のみにしている
  • 縞大島 地糸のみで織られていて、絣模様をつくる課程がない

 

マルキの大きさ

この「マルキ」という聞き慣れない言葉が大島紬にはよく出てきます。大島の絣模様の絣糸の数を表す単位を「マルキ」と言っています。一般的にマルキの数が多くなるほど、模様が細かくなり高級品となります。5マルキ、7マルキ、9マルキ、12マルキがあります。

 

機械織りか手織りか

大島紬 機械織りか手織りか

大島紬は「手織り」が本来の姿ですが、それではあまりにも高級品となりすぎますし、技術の発展もあって昭和40年代から「機械織り」という大島紬も出てきています。手織りか機械織りかについても証紙に書かれています。

 

泥染めかどうか

泥染めは大島紬の独特の染色方法で天然の方法です。テーチギ(シャリンバとイ)という独特の木の皮の煮出し汁で色を染めた後泥田につけます。これを繰り返して、泥の鉄分とテーチギのタンニンが結びつくことで渋い黒になり、しっとりとした光沢になります。繊維はしっとりやわらかく、しかもとても丈夫で強いものになります。

 

大島紬でも泥染め以外の染色をされているものもあります。藍染め、草木染め、化学染料で染めた色染めなどがあります。

 

地色は白のままで、化学染料のみで染めた絣糸を用いて模様をだしたものを「白大島」、化学染料で染めた多色使いのものを「色大島」と呼んでいます。こちらは伝統的な大島紬よりもファッショナブルで値段も安くなりお手頃で着やすいと言えます。

 

韓国産の大島紬もある?

韓国製の大島紬というものも結構出回っています。さすがに泥染めではなく白大島や色大島ですが、作り方などは本場とそんなに変わらず、質も悪くはなく、ちょっと目には本場のものとはわからないそうです。その上、人件費を抑えて、価格がかなり安くなっています

 

昭和50年代には、大量に生産されており、日本に出回っていました。韓国のものを輸入して本場の証紙を貼るという行為もあって問題になったそうです。

 

最近では、韓国も人件費が安くもなくなったため、利点がなくなり、以前ほど生産されていないそうです。大島紬を買取に出そうと思った時に、これは韓国産大島だと言われたり、メイド・イン・コリアと表示がある場合はこういう事情です。

大島紬は正式な場所に着ていけない「おしゃれ着」です

大島紬は正式な場所に着ていけないおしゃれ着

大島紬の着物は、大変な手間もかかり、高価な品ですが、着物の格としては高くありません。礼装などには着ていくことができず、あくまでも普段着やちょっとしたお出かけの街着として着用するものです。

 

お稽古や友人との食事会などに着ていくのにはいいのですが、披露宴や正式なパーティや正式なお茶会などにきていくのはNGとされています。

 

着物好きな人には大変に人気の着物ですが、着物を着るのが結婚式や卒業式などの晴れの場のみという人にとっては、あまり活用する機会がありません。良いお品でも見た目はなかなか渋い着物です。

 

大島紬を、お母様などから譲られても、着る機会がなくてタンスの肥やしになってしまってはいませんか。活用されないと、もったいないですよね。職人さんの手の込んだ、貴重な伝統工芸品の大島紬。活用できる方の手に渡った方が幸せです。

 

そんな大島紬があったら、ぜひ、着物買取を利用してみてください。買取業者で、中古着物としてお売りします。大島紬も着物好きな方に着こなしてもらえることになります。

まとめ

 

大島紬は非常に高価な伝統工芸品です。本場大島紬の高級品ならば買取相場も高額になるでしょう。本場大島紬の証明としては証紙が重要ですので、買取の際には必ずつけておきましょう。お持ちの大島紬についての情報も証紙に書いてあり品質証明になっています。証紙をつけると買取額が相場よりもアップします。

 

大島紬は礼装用ではなくあくまでもおしゃれ着です。あまり着る機会がなく死蔵されているのはもったいないですので、着物買取を利用することをおすすめします。

 

出張料・査定料0円!評判の出張買取店3社