スポンサードリンク

着物の買取相場

 

もう着なくなってしまった着物。着ないならば置いておくと場所をとるし、着物自体もカビやシミ、虫食いなどで傷んでしまうので思い切って早めに買取ってもらった方がいいでしょう。さて、気になるのはいくらぐらいで買取ってもらえるのかその相場です。

 

着物は一点一点違いますし、大きさや保存状態でお値段も違うので査定してもらうまで買取価格ははっきり言えませんが。参考までに買取業者が出している参考買取価格は以下のようになっています。

 

着物の種類

買取相場

振袖

1万円

付下げ、訪問着

1万円

黒留袖

6千円

色留袖

8千円

小紋

6千円

7千円

袋帯

8千円

名古屋帯

6千円


これは汚れ、キズのない一般的な新品の着物で最近10年間ぐらいのものに限っていえばの話です。いくらきれいでも古い着物や、高いものでもシミなどがあればお値段が下がります。

 

また寸法も大切であまり丈や裄が短いものは歓迎されません。

 

作家物などは高くなる

 

着物もブランド着物、人間国宝や伝統工芸作家などの場合はやはり高い買取査定額がつきます。もともと新品の定価が数百万円のものですので、買取価格も当然高くなります。

 

例えば加賀友禅の由水十久の訪問着は、新品の定価で500万円以上の値段がついていますので、査定額は大体20分の1以下ぐらいです。買取業者の参考査定額は以下のようになっています。

作家・ブランド

買取相場

由水十久(訪問着)

20万円

久保田一久(訪問着)

10万円

羽田登喜男(訪問着)

10万円

玉那覇有気公

10万円

龍村平蔵(袋帯)

8万円

百貫華峰(訪問着)

8万円

宮古上布

2万円

結城紬(重要無形文化財)

2万4千円~20万円

大島紬(泥染め)

5千円~5万円

久米島紬

6万円

本場加賀友禅

5万円~20万円


ただしこちらも汚れキズのない新品で、作家や伝統工芸品の偽物でないという証拠となる証紙がついている場合であり、そうでない場合は査定額は下がっていきます。

 

 

高く売る4つのコツ

 

着物をを買取ってもらう時の相場について参考までにあげさせていただきましたが、実際は着物の査定額は思っているほどは高くありません。中古品のブランドバッグや時計ほどには良い値段がつかないのです。

 

着物買取の査定額には過度の期待をしないでください。それでも相場よりも少しでも高く売るには以下のようなことに気をつけてみましょう。

 

保管状態を確認する

着物は置いておくとカビや虫食いにあっていることがあります。傷んでいるものをわざわざ直すことはありませんが、一応買取の前に状態を確認してみましょう。そしてきれいにたたんで畳紙に包んでおきましょう。

 

わかるならば着物の種類や素材(正絹かどうか)などもチェックしましょう。

 

証紙、箱、畳紙など

伝統工芸品や有名作家のものなどの証拠となる証紙は必ずつけておきましょう。あるとないとでは大違いです。もともと入っていた箱や百貨店や呉服屋などの名前の入った畳紙などを確認して着物を包んでおきましょう。

 

バッグ、草履など小物も一緒に

着物と一緒に買ったバッグや草履、襟巻きなど小物も一緒に査定してもらうとそれだけ査定額がアップします。和装小物だけ持っていても使えませんし、それだけで別に売るよりも着物と一緒に買い取ってもらった方が良いお値段がつきます

 

買取業者を選ぶ

買取業者の選択も重要です。やはり着物専門の買取業者を選ぶと得策のようです。近くのリサイクルショップや質屋よりも、着物専門業者は着物の販売ルートももっておりますので査定額もよくつけてもらえることが期待できます

 

宅配査定や出張査定などをしている業者は非常に便利ですし、店舗を持たない分コストを下げているので、査定額にも反映されます。

 

まとめ

 

着物の買取相場について

着物の買取相場は着物買取業者に頼んだ場合、新品の状態の良い最近のもので1万円~5千円くらい。後は着物自体や状態によって違うので現物を見てみないとわかりません。

 

作家物や伝統工芸品だと数万円~20万円になる場合もあります。その場合証紙などは必ずつけてください。バッグや草履などの小物も一緒に査定しいてもらった方が査定額がよくなります。

 

出張料・査定料0円!評判の出張買取店3社