スポンサードリンク

正絹(しょうけん)とは

 
正絹とは絹100%の着物のことです

正絹とは

正絹とは着物類において、おおむね絹100パーセントの素材のもののことです。化学繊維で絹に似せた着物もあるため、あえて「正絹」と言っています。正絹の着物はやはり高級感もあり着心地が違います。

 

古来より着物は絹(シルク)を素材として用いていました。もちろん普段着として木綿や麻などの着物も用いていましたが、多くの着物は蚕からとれる繭で絹糸を紡ぎ織って作られます。

 

織り方や模様や着物の格などは違いますが、堅い素材の紬も絹でできています。振袖や訪問着などの格の高い着物も小紋や紬などの普通のおでかけ着物も総じて絹が使われています。帯や着物の下に着る長襦袢も絹が用いられます。

 

本絹(ほんけん)ともいう?

正絹と同じ意味で「本絹」という場合もあります。これも絹100%の意味です。

 

本絹は、繭から引き出した糸のみでつくった生糸からできた絹のみのことで、くず繭などを集めて再生して作った糸を絹紡糸と呼んで区別したという話もありますが、最近は、正絹=本絹で、どちらも同じものと考えてよいようです

 
 

正絹の着物の長所

  • 着心地がいい
  • 着付がしやすい
  • 保湿性、通気性がよく、夏涼しく、冬は暖かい
  • 手触り、肌触りなどが良い
  • ポリエステルと比べると静電気が起きにくい
  • 高級感があり、自信を持って着ることができる
  • やはり光沢が素晴らしい、風合いが違う

 

特に高級感や光沢など見た目の部分は、よほど着物に詳しい人でないとパッと見はわからないとも言われます。しかし、着付けの具合は正絹が一番良いようです。

 

特に帯は正絹とそうでないかは締めるときの具合がだいぶ違います。また、夏涼しく冬暖かいという絹の性質は化学繊維では逆になり、意外に見逃せない点であると言えます。

 

正絹の着物の短所

  • 値段が高い。気楽に買えない
  • 自宅で洗えない。ポリエステルの着物は洗濯機でも洗える
  • 雨に濡れるとシミになるので、雨の日は気をつかう
  • 虫食いやシミ、変色など保管にも気をつかう

 

正絹の着物の短所はお手入れが難しいということです。

 

着物買取業者が買取るのは基本的に正絹の着物のみ

 

着物買取の場合、基本的に正絹であるならば買取ってもらえます

 

ただし、正絹でない着物、化学繊維や、木綿、ウールなどの素材の場合は、対象外としている買取店もあります。また正絹の着物がたくさんある場合に合わせて買い取ってくれるけれども、単品の化学繊維の着物の買取は難しい場合もあります。

 

無料で査定してくれますので、まずは買取店で確認をしてみてください。

 

正絹の着物を高く売る3つの売却方法

 
 
人絹(レーヨン)と正絹

19世紀末にレーヨンが発明され、日本でも第一次大戦ごろからレーヨンが製造されるようになりました。レーヨンは絹の代用として用いられ「人造絹糸」と呼ばれました。略して「人絹」と言われ、人絹製の着物も製造されるようになりました。そして人絹に対しての本物の絹という意味で「正絹」という言葉が使われるようになりました。

 

レーヨン以外にも石油由来のポリエステルが1940年代から登場し着物にも使われるようになりました。化学繊維の着物は近年だけのものではなくずいぶん昔から製造されています。

 

おばあ様などお年寄りから譲り受けた着物や、古着屋古道具屋で買ったアンティーク着物でも「人絹」である場合は多々見受けられます。

 

昔の化学繊維の着物は質があまり良くないものが多かったのですが、最近では化学繊維の技術も格段に進歩して、絹と見間違う合成繊維も開発され「東レシルック」などの化学繊維のブランドもあります。

 

着物の糸1本で正絹かどうか見分ける方法

 

表地と裏地の素材が違う着物も

表地は正絹ですが、着物の裏地に化学繊維のポリエステルを使っている場合もあります。着物を仕立てる時は、着物の表地とは別に胴裏と裾の方などに使う八掛と呼ばれる裏地を使わなければなりません。

 

これらの裏地も正絹の素材とポリエステルの素材のものがあります。表地が正絹の場合は裏も正絹の方がよいとされていますが、予算や用途によってポリエステルを使用している場合もあります。レンタルの着物や既製品のものなどは、ポリエステルを使っていることが多いようです。

 

しかし、お値段のことやお手入れのことを考えると、ポリエステルなどの化学繊維の方が洗濯もできて断然扱いやすいです。着物買取専門店では正絹の着物のみしか買取を受け付けてくれない場合もありますので、買取依頼時には確認してみましょう。