スポンサードリンク

証紙で着物買取査定額は高額に!

 

証紙で着物買取査定額は高額に!

着物を売る時に絶対にあった方がいいものは「証紙」です。査定額が断然違うので、しっかり確認して査定の時に見せてください。

 

うっかり紛失している場合も多いかもしれませんが、ある場合は探してみましょう。

 

もちろん証紙がなくてもきちんと査定はしてくれますがあるのに越したことはありません。

 

買取業者も買取った着物を売る時に、証紙があると高く売ることができます。中古の着物を買う人にとって証紙は「本物の大島紬なのかどうか」の信用の証しになります

 

このように着物の証紙というものは、取引する時にとても大切な材料となります。祖父母や親から受け継いだ着物だとどこにあるのかわからなくなっているかもしれませんが、探してみる価値はあります。

 

着物の証紙とは?

着物の証紙とは、着物の産地や種類を書いている証明書のようなものです。伝統工芸品などの証しとなり、伝統工芸の組合が発行しています。証紙には、織物の場合ですと以下のもの記してあります。

  • 産地の登録商標
  • 織元の名前など
  • 伝統工芸品マーク
  • 機械織りか手織りか
  • 絹100%
  • 染め方(泥染め)などの証紙

証紙がない着物は偽物?

 

証紙がつかないから、これは全くの偽物とも言えないのが宝石やブランドバッグと違って着物のややこしいところです。伝統工芸品の組合に入っていないと証紙はつかないので、全く同じ品質技術で作っていたとしても証紙はつきません。

例えば・・・呉服屋で加賀友禅と言われて新品を購入したが、証紙はないという場合

証紙がないということは加賀友禅ではない、偽物を売りつけられたのか!」と思うかもしれません。この場合、その加賀友禅をつくった製作者が、加賀友禅の組合に入っていないだけという場合もあります。

 

伝統にのっとった技術をもっていて、品質が良いものでも、組合に入り、証紙をつけるとその分の価格が着物に上乗せされ高額になるので、それなりの品質だけれども、あえて廉価品として生産し証紙をつけない場合もあります。また伝統に縛られず、もう少し自由につくりたいため、あえて組合に入らず、活動している作家さんもいます。

 

証紙がなくても着る人が自分の着物の値打ちをわかっていて、あえて着ている場合もあるので、証紙がない=偽物とは言い切れません。

 

加賀友禅、大島紬など伝統工芸品として売っている場合、証紙のあるなしに着目し、もしない場合は売り手になぜ証紙がつかないのか質問し納得できる説明をもらってから購入した方がよいでしょう。

 

ただし、例えば大島紬などは、韓国など外国で織られたものも多数出回っています。この場合は本物の大島紬かといえば、大島風紬という言い方になります。結局、伝統工芸の組合なりブランドが認定したものが本物ということになります。

このように証紙は本物かどうかをはっきり証明するものであり、買う人を納得させる材料になります。着物を売る時、証紙があるならば是非つけておきましょう。