スポンサードリンク

証紙で着物買取査定額は高額に!

着物

 

着物を売る時に絶対にあった方がいいものは「証紙」です。査定額が断然違うので、しっかり確認して査定の時に見せてください。

 

うっかり紛失している場合も多いかもしれませんが、ぜひ探してみてください。もちろん証紙がなくてもきちんと査定はしてくれますがあるのに越したことはありません。

 

買取業者も買取った着物を売る時に、証紙があると高く売ることができます。中古の着物を買う人にとって証紙は「本物の大島紬なのかどうか」の信用の証しになります

 

このように着物の証紙というものは、取引する時にとても大切な材料となります。祖父母や親から受け継いだ着物だとどこにあるのかわからなくなっているかもしれませんが、探してみる価値はあります。

 

着物の証紙とは?

着物の証紙とは、着物の産地や種類を書いている証明書のようなものです。伝統工芸品などの証しとなり、伝統工芸の組合が発行しています。証紙には、織物の場合ですと以下のもの記してあります。

 

  • 産地の登録商標
  • 織元の名前など
  • 伝統工芸品マーク
  • 機械織りか手織りか
  • 絹100%
  • 染め方(泥染め)などの証紙

 

有名産地のちりめん、友禅、大島等の着物は需要が多く、それを証明する証紙や鑑定書などがあれば、比較的高価で買取ってもらえます。

 

有名産地の着物や帯は、伝統工芸の職人さんたちによって、高度な技術と丁寧な仕事によって生み出されています。着物好きの方には、有名産地で生産された着物や帯には、絶対的な信頼を寄せている方が多くいます。

有名産地の着物や帯の買取の場合

ちりめん

 

ちりめん

京都府丹後地方の丹後ちりめん、滋賀県長浜市の長浜ちりめんが知られています。ちりめんは、デコボコとしたシボが特徴で、鬼シボと呼ばれる大きなシボを持つものから小さなシボを持つものまであります。

 

買取の査定では、やはり経年劣化のない状態の良いものが高価で買い取ってもらえます。ちりめんの買取相場価格は、1万円代から20万円代くらいですが、作家物ではもっと高値がつくものもあります。

 

友禅

 

京友禅

友禅染には加賀友禅、京友禅などがあります。・加賀友禅は石川県金沢地方で製作され、繊細な模様とぼかしの技法を使った華やかな染です。加賀友禅の買取相場価格は5万円代から15万円代前後ですが、作家物だと100万円以上になるものもあります。

 

京友禅は、金箔や刺繍が施された雅な美しさが特徴で、京都市周辺で製作されています。京友禅の買取相場価格は「型友禅」で3万円前後。「手描き友禅」だと10万円前後です。

 

加賀友禅、京友禅とも買取価格を表示している業者は少なく、実際に査定をしてみないと価格設定ができないようですが、どちらも本物であることを証明する保証書などの付属品があれば、買取価格が高く評価されます。

 

紬(大島紬、結城紬など)

 

大島紬

大島紬とは奄美大島で作られる織物で、泥大島、泥藍大島、白大島、草木泥染大島、色大島などの種類があります。結城紬は茨木県の結城市を中心に生産されており、細かい縞と絣が特徴です。その他にも塩沢紬、久米島紬、米沢紬、牛首紬などがあります。

 

紬の買取価格は幅が広く、千円台から10万円代とも言われ、例えば大島紬の場合はマルキの数(絣糸の数の多さ)によって価格が変わります。希少性の高い紬の中には、50万円以上の値段がついたものもあるようです。

老舗メーカーの着物や帯の買取の場合

老舗呉服店の着物や帯は、たとえ紙一枚でも、状態さえよければ高値査定がつきます。和ダンスの奥に眠らせておくだけなら、着物の好きな方に着てもらいましょう。

 

また、着物通の人は、帯は着物の倍の値段が相当するといった知識が豊富なので、美術工芸品の帯は需要があります。

 

やはり、本物かどうかを証明する証紙や保証書、鑑定書があるかないかで買取価格は違ってきます。老舗メーカーで購入したことが分かるものなら、レシートでも添えるようにしましょう。

 

知ってる人は知っていると言われるのが京の千總と、江戸の竺仙ですが、老舗の高級呉服店で買ったものは間違いないと、昔から言われています。

 

千總

 

室町時代から続く京友禅着物の代表的なメーカーとして知られており、皇室御用達でもあります。未使用の訪問着なら20万円以上、中古なら15万円前後の買取価格といわれています。

 

竺仙

 

天保年間の創業と言われる江戸の老舗呉服店で、江戸小紋や浴衣の染色で知られています。江戸の粋を誇るメーカーです。その他にも主な老舗メーカーとしては三越や大丸、ゑり膳などが知られています。

 

美術工芸品の帯は永遠の人気

 

正倉院の古代裂としても知られ、お茶の世界でも古帛紗として人気の高い「辰村美術織物」の帯や和装バックなどは人気が高く、高価で買い取ってもらうことができます。

 

日本だけでなく、海外でも格調高い模様が人気で、世界的なデザイナーからも受注を受けています。桐箱や、証紙、鑑定書などをつける、と必ず高価買取をしてもらえます。

 

状態さえよければ、龍村の名古屋帯なら20万円前後の買取価格がつくようです。

人気ブランドの着物は現代女性に人気

斉藤三才作

最近では、タレントや洋服のメーカー などが企画したブランド着物に人気が集まっています。着物のみより、同じブランドの帯とセットの方が、高価格で買い取ってもらえるようです。デザイン的にモダンで今風の着物が多いので、もう着る予定がないなら早めの処分がおすすめです。

 

斉藤三才

 

着物デザイナーとして世界的にも知られている斉藤三才の作品は、訪問着が5万円前後の買取価格がついたこともあるようで、独創的なデザインが若い世代に人気があります。また、息子の 斉藤 上太郎のデニムの着物なども、斬新で興味を引く逸品のため、買い取ってもらえます。

 

SEIKOMATSUDA

 

着物をプロデュースしている芸能人のなかでも、松田聖子デザインの着物は、洋服感覚で選べると人気が高く、状態の良いものなら正絹の振袖や訪問着が1~2万円前後で買い取ってもらえるようです。着物と帯をセットで買い取ってもらうと、買取価格が上ります。

 

ツモリチサト

 

津森千里が立ち上げたファッションブランドとして有名ですが、洋服とともに、和服も人気があります。特に若い女性に、ポップなデザインが好まれています。ポリエステル素材の着物が多く、価格的には正絹と比べると低めのようですが、気に入って買ったものの、「年齢的にちょっと無理があるかな」と迷ったなら、早めに買い取ってもらう方が得策かもしれません。

 

他にも人気のブランドは、ヒロミチナガ、岡重、ニーウ、キスミス、ディコ、グラフ、バルマンなど多数あります。

 

証紙がない着物は偽物?

証紙がつかないから、これは全くの偽物とも言えないのが宝石やブランドバッグと違って着物のややこしいところです。伝統工芸品の組合に入っていないと証紙はつかないので、全く同じ品質技術で作っていたとしても証紙はつきません。

 

例えば・・・呉服屋で加賀友禅と言われて新品を購入したが、証紙はないという場合

証紙がないということは加賀友禅ではない、偽物を売りつけられたのか!」と思うかもしれません。この場合、その加賀友禅をつくった製作者が、加賀友禅の組合に入っていないだけという場合もあります。

 

伝統にのっとった技術をもっていて、品質が良いものでも、組合に入り、証紙をつけるとその分の価格が着物に上乗せされ高額になるので、それなりの品質だけれども、あえて廉価品として生産し証紙をつけない場合もあります。また伝統に縛られず、もう少し自由につくりたいため、あえて組合に入らず、活動している作家さんもいます。

 

証紙がなくても着る人が自分の着物の値打ちをわかっていて、あえて着ている場合もあるので、証紙がない=偽物とは言い切れません。

 

加賀友禅、大島紬など伝統工芸品として売っている場合、証紙のあるなしに着目し、もしない場合は売り手になぜ証紙がつかないのか質問し納得できる説明をもらってから購入した方がよいでしょう。

 

ただし、例えば大島紬などは、韓国など外国で織られたものも多数出回っています。この場合は本物の大島紬かといえば、大島風紬という言い方になります。結局、伝統工芸の組合なりブランドが認定したものが本物ということになります。

 

このように証紙は本物かどうかをはっきり証明するものであり、買う人を納得させる材料になります。着物を売る時、証紙があるならば是非つけておきましょう。

まとめ

着物をできるだけ高く買い取ってもらうには、有名産地のものや、老舗メーカー、人気ブランド物などが証明できるものがあれば、必ずつけるようにしましょう。仕立てに出したときに反物の端に貼られた証紙や、領収書、有名呉服店の名前が入った、たとう紙などでも買取価格が上がります。

 

着物好きの人なら自分で購入した場合は、証明するものを保管しておくでしょうが、親や祖父母が遺したものは、価値が分からずに、何もかも一緒にリサイクルショップなどで処分してしまうこともあるようです。それでは価値のある着物も二足三文で買い取られてしまいます。

 

買い取りを依頼するときは、着物鑑定士の資格をもったスタッフがいるかどうかを確認して、信頼できる業者に鑑定してもらうことが大事です。

 

着なくなった着物がたくさんあるなら、宅配買取という選択もよいでしょう。ダンボールを送ってもらい梱包し、配送をするとお店から買取額の連絡があります。査定額に納得ができれば料金が振り込まれ、納得できなければ返送してもらうことも可能です。

 

もちろん、必要でなければお店で処分してもらうことも可能です。無償引き取りをやっているお店も多いので安心して依頼することができます。

 

自分にピッタリの着物の売り方を探してみましょう。