スポンサードリンク

付下げの買取相場

 

付下げの買取相場

訪問着の買取相場は数千円~10,000円ぐらいです。これは過去10年以内のもので汚れ、しみ、虫食いなど美品のものの相場です。

 

安いものでは数百円~数千円の値段になります。サイズ的にも丈や裄が小さいものは、お値段がつかず買取ってもらえない場合があります

 

また、着物の素材は正絹(絹100%)に限り、ポリエステルなどの化繊の付下げにはもっと安くなるかお値段がつきません。

 

付下げは訪問着ほど派手でなく格が高くはありませんが、既婚未婚の区別なく、改まった場所からパーティやちょっとしたお出かけまでいろんな場面に来ていくことのできる着物です。需要は多いので買取相場も高値がつきます。

 

また、作家物や伝統工芸品、ブランド品などの付下げはもっと高額買取されで50,000~200,000円ほどになります。いずれにせよ着物の値段は一つ一つ違うため、ネットで簡単に申し込める着物買取専門店の買取査定をおすすめします。

 

着物買取、付下げを高く売るコツ

付下げを高く売るコツは以下のようになります。

  • 証紙をつける
  • 帯や小物なども一緒に売る
  • 早めに売る
  • ネットの着物買取専門業者に売る

証紙は着物の証明書のようなもので、伝統工芸品にはその証しとしての証紙がついています。証紙があると着物買取は高額になります

 

また、他の着物や小物や帯などをまとめて査定してもらうと、高額査定されます。ぜひ和装類を一度整理して一緒に査定をしてもらいましょう。査定額に納得できなければキャンセルもできます。

 

着物は自宅保管だと、虫食いやシミ、カビなどダメージがおこる場合もあります。まめに虫干しをしたりしなければなりませんが手間ですよね。自宅で眠っている着物があれば、ぜひお早目に着物買取を利用することをおすすめします。

 

また、買取にはネットの着物買取専門店をおすすめします。着物は専門性が高いので近隣のリサイクルショップなどでは価値がわかりません。ネットで申し込めて、全国どこでも出張買取や宅配買取ができる専門店で買取査定してもらうのが便利ですし、高値買取してもらえます。

付下げとは!?

付下げと訪問着と似ていて、どちらも染めの着物で華やかな模様が描かれています。素人にはどちらが付下げかわかりにくいかもしれません。

 

訪問着は着物を仕立てた形で模様が描かれており、肩や裾に繋がった模様があります。それに対して付下げは反物の状態で売られており、模様はつながっていません

 

また付下げと小紋との違いは、小紋が上下のない柄であるのに対し、付下げは柄に上下があります。小紋よりは派手よそいき、訪問着よりはおとなしいのが付下げです。

 

着物の格としても訪問着より下で気楽な着物として街着から準礼装まで使えます。派手で格の高い袋帯を合わせることも、しゃれた名古屋帯を合わせることもでき、コーディネートで幅広いシーンで使うことができます。

 

紋をつけると格式の高いお茶会などにも着ることができます。おめでたい柄や金銀の入った付下げは、金地の袋帯などを合わせれば友人の結婚披露宴などにも着ることができます。

 

付下げ訪問着

一見訪問着と変わらないような絵羽柄がある付下げを「付下げ訪問着」、または「絵羽付下げ」とよんでいます。襟と胸の柄が繋がっているかどうかで見分けます。金や刺繍もほどこされていて豪華な付下げです。

 

訪問着と同格と思って着てもいいですが、一応略式であることは覚えておいた方がいいでしょう。

まとめ

 

付下げは訪問着と小紋の間の格の着物で、街着としてあるいは改まったパーティやお茶会の出席など、コーディネート次第でいろいろなシーンで着ることができる着物です。

 

需要も多いのでお品によっては高額査定も期待できます。ご自宅で活用されていない付下げがある場合は、ぜひお早目に着物買取専門店で買取査定をすることをおすすめします。

 

出張料・査定料0円!評判の出張買取店3社