スポンサードリンク

着物を売るのは卒業式や入学式の1~2ヵ月前がベスト

 

年々持ち物が増える中で、「もう着ることもない着物を、できれば少しでも高く売りたい」と、思っている人は多いようです。着物を必要としている人は意外と多く、売りたい人と買いたい人のタイミングが合えば、高値で買い取ってもらえます。

 

季節によって、着る着物や帯には決まりがあるので、どの時期にどの着物の需要があるかを知り、季節の変わり目や衣替えなどに先がけて売りに出しましょう。

 

卒業式にあわせて1月に買い取ってもらう

卒業式のシーズンは2月~3月にかけてですが、たいていの人はその1ヵ月前くらいから準備を始めるため、1月の終わりごろから売りに出すとよいでしょう。

 

幼稚園の卒園式や小学校の卒業式などでは、お母さんの訪問着姿もみられますが,、この時期はまだ寒いため、道中着などが必要です。.訪問着と道中着をセットで売りに出した方が、高値で買い取ってもらえるようです。

 

また、大学の卒業式なども訪問着や袴の需要が多くなるので、1月頃は訪問着の売り時です。 

 

入学式にあわせて3月に買い取ってもらう

卒業式と同様に4月の入学式の準備に合わせて3月頃に売りに出すと、高値で買い取ってもらえます。春爛漫の入学式では、はおりものも必要がなく、色や柄も春めいたものが好まれます。

 

もう派手で着ることもないと思われる着物がタンスに眠っていたら、入学式シーズンに合わせて売るのがおすすめです。

 

卒業式や入学式に適した着物の格と買取価格について

華やかな正装の代表が訪問着ですが、1回でも着用したものは、買取価格の相場は1万円前後から2万円前後が相場のようです。未着用のものなら3万円前後が買取価格の相場といえます。

 

趣味人が着物が欲しくなる季節に合わせて売る

 
お茶人は初釜に備えて12月、炉開き前の10月に着物がほしくなる

お正月明けには初釜がありますが、付け下げにお太鼓、訪問着にお太鼓、無地にお太鼓などがお茶時の着物の基本です。お茶のお稽古は、畳の上をにじる動作が多く、着物の前身頃が傷みます。

 

お茶人たちは初釜の着物を年末に用意しますが、そのときに着物のひざが抜けていたり、薄汚れていると新しいものがほしくなります。

 

炉開きは11月ですが、やはり10月にはそれなりの格式のある着物を用意しておきたくなるので、初釜の準備時期の12月、炉開きの準備時期の10月には、格式のある絹の着物の需要は増えます。

 

着付け講師は粋でモダンな着物が好き

一般的に着付けの先生にとっては、着物は職業用の制服とも言えます。無難な着物より、おしやれ感のある粋でモダンな着物を求めることが多いようです。

 

たとえば、クリスマスには赤、緑、白などのクリスマスカラーが入ったものや、1月には七福神があしらわれたおめでたいものなど、一般的には躊躇するような柄行を好む方もあり、遊び心のある着物を選ぶ傾向にあります。

 

ひと昔前の斬新な色使いや、模様も需要があるので、買い取ってもらえます。また、お茶事には紬は着ませんが、着付け講師の着物については約束事がないので、大島などの紬も人気があります。

 

お花の世界では春と秋の花展にあわせて着物が必要

お花の先生やお花を習っている人は、春や秋におこなわれるお花の展示会に、着物を着る機会が多くなります。受付やお抹茶の接待には着物姿が似合いますが、こちらも訪問着や付け下げ、無地が用いられます。

 

春は5月、秋は10月頃に花展が開かれることが多いので、やはり1ヵ月前の4月、9月に売りに出すと買い手が付きやすく、高値で取引されます。

 

年中需要があるのは振袖や無地

ミスの第一礼装は振袖です、成人式、卒業式、結婚式などに多いので、通年で需要があります。

 

着物の出張買取で実績のある厳選3社